リモートサポート専用ページ|サイトマップ|採用情報

Analysis Center Staff Blog

分析センタースタッフブログ

経審の審査基準の改正等について

| トラックバック(0)

国土交通省より経営事項審査の改正について告示されました。改正内容等につきまして取り急ぎ以下の通りお知らせいたします。今回は簡易的なお知らせとさせていただきます。後日、改正内容の詳細を数回に分けてご案内いたします。どうぞ宜しくお願いいたします。

公布日:平成22年10月15日   施工日:平成23年4月1日

【改正目的】                                                      ●ペーパーカンパニー等による不正な高得点の取得を防止するなど、企業実態をより公正・適正に評価できるようにする
●再生企業に対する批判や審査項目の充実に対する多様なニーズへの対応

 

【改正事項】                                                          

①工事種類別年間平均完成工事高(X1)評点

 建設投資の減少を踏まえた完工高(X1点)の評点テーブルの上方修正

②工事種類別技術職員数・元請完成工事高(Z)評点

  (1)工事種類別技術職員数(Z1)・・・技術者に必要な雇用期間の明確化を図る為、評価対象とする技術者は、審査基準日以前に6ヶ月を超える恒常的雇用関係がある者に限定。及び、高年齢者雇用安定法の継続雇用制度対象者は、雇用期間が限定されていても評価対象に含める

  (2)元請完成工事高(Z2)・・・・・・・・建設投資の減少を踏まえた元請完工高(Z2点)の評点テーブルの上方修正

 ③その他の審査項目(社会性等)(W)評点

  (1)再生企業に対する減点措置・・・・・債権カット等により地域の下請企業等に多大な負担を強いた再生企業について、一定の減点措置を創設

  (2)社会性等(W点)の評価項目の追加・・・建設機械の保有状況 及び ISO9000シリーズ14000シリーズの取得状況 の追加

 

 参考:国土交通省HP 経営事項審査の審査基準の改正について

http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo13_hh_000088.html

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:



システム開発・ソフト導入事例

お客様にソフト導入の経緯とカスタマイズの必要性をお伺い致しました。

セミナーのご案内

建設業向け経営革新セミナーやビジネスセミナー等のご案内です。

弊社では、ICTに関する様々なご相談にのり、アドバイスをさせていただきます。