リモートサポート専用ページ|サイトマップ|採用情報

Softwear Staff Blog

ソフトウエア開発・サポートスタッフブログ

Home>ソフトウエア開発・サポートスタッフブログ
2011年、あけましておめでとうございます。

今年はどんな年になるのでしょうか?

今年も不安定な経済状況は続きそうですが、
どんな状況下でも、常に前向きな思考で取り組んでいきたいものです。
要は、自分の気持ち次第で、いくらでも事は変えられる!と信じることが大切。

さあ、今年もがんばりましょう!

皆様にとってよき1年となりますよう、お祈り申し上げます。

                   (株)ネットコア ソリューションサービス部  山下 典江

年末のご挨拶

| トラックバック(0)
本年も残すところあと3日となりました。

本年中はご愛顧いただき、まことにありがとうございました。

今年は厳しい経済状況の中、政局の混迷が際立ちました。国民も他人事とのんきなことを言っている場合ではないとばかりに、政治・経済・国際情勢により関心を持たれた方も多かったのではないでしょうか。

たしかに、この難局を任された「仮免許」の民主党には、さぞ荷が重いことでしょう。
しかし、一国のかじ取りを任されている以上、いつまでも「仮免許」では困りますね。

借金大国を何とかせねばなりません。景気対策・雇用問題、領土問題・普天間問題・TTP参加、そして政治と金の問題、課題は山積みです・・・

はやく国民ひとりひとりが安心して暮らせる「自然も環境もそして心も美しい日本」をよみがえらせたいです。これからを担う子供たちのためにも。

せめて、自分の信念だけでも、けがされることのないよう、「清く正しく美しく」生きていきたいものです。
どんな時でも、「前向きに!」ですね。

では、みなさま、是非よいお年をお迎えください。

※当社の年末年始休業は12/30~1/3とさせていただきます。

                    (株)ネットコア ソリューションサービス部 山下 典江

最近、中国人観光客が目立って減少しているような気がします。

2か月ほど前に銀座に行ったときには、中国人観光客でごった返しているという状況でした。
歩行者天国の路上も、デパートの売り場も、中国語が飛び交い、人気ショップは人だかりができていました。

ところが、先週末銀座に行ったら、歩行者天国は日本語が耳に入り、2か月前中国人観光客でにぎわっていた人気ショップは、閑散としていました。

やはり、尖閣諸島問題の影響でしょうか・・・

たまたまその日の銀座の中国人観光客が少なかっただけかもしれませんが、もし本当に減少傾向にあるとすれば、中国経済が頼みの日本にとって、中国人観光客の減少は痛手となるでしょうね。

銀座のデパートは、中国人観光客向けに様々な工夫を凝らし、集客を狙った店舗計画を立てているようです。

やはり、どんなに様変わりしても、にぎわいのある銀座がいいですね。
先週末、久しぶりに体調を崩しました。
ひどい腹痛・下痢・嘔吐・発熱に悩まされ、日曜日に休日救急病院に向かいました。

すると、先生の第一声
「今日は同じ症状の患者さんがほとんどだよ」とのこと・・・
どうやら「ノロウイルス」がはやり始めているそうです。

こと病気に関しては流行に疎く、ここ数年風邪ひとつひいたこともなかったのですが、今回は流行の最先端をいってしまいました。
確かに疲労がたまっており、体力が弱っていたところに見事に付け込まれたという感じです。

ちなみに「ノロウイルス」、空気感染はしません。
嘔吐物・便から二次感染を起こすそうです。

予防はひたすらうがい手洗いの実行。

かかってしまったら、とにかく水分補給です。
ちなみに私はひたすらポカリスエットを補給していました。

通常3日間くらいで回復するそうですが、脱水症状が一番怖いそうです。

みなさんも、「ノロウイルス」には気を付けてください。

そろそろ「インフルエンザ」にも要注意ですね。
私は、今週末、予防接種を受けに行きます。
平成22年9月25日、栃木市大平町の「自然と人間の森 おおひら」にて、ネットコア社員で「耳うどんと焼き芋作り」を体験しました。

去る10月16日(土)宇都宮市『とちぎ健康の森』にて、第16期経営指針発表会を行いました。

  

P8190634.JPG画像は弊社のニュースレター9月号で取材させていただいた、(有)小川組様のワンちゃん『アイス』ちゃんです。
ラブラドールレトリバーで、エサをくれる人にまっしぐらに向かっていきます(笑)
でも、フィラリアにかかってしまい、体調不良になんだそうです。
そこでフィラリアってどんな病気か調べてみました。

「フィラリア」は寄生虫の名前です。
犬が蚊に刺されて感染する心臓の寄生虫です。
心臓がフィラリアのお家になってしまうと血液の通り道は狭くなってしまいます。犬は汗をかけませんので
体温調節は呼吸だけで行います。冷たい空気を肺の中にいれて血液を冷やすのです。
 体を冷やす為には冷たい血液を体中に送る必要がありますから、心臓がたくさん働かなくてはなりません。
血液の通り道が狭くなってしまうと、心臓は道が広かったときと同じ量の血液を送るために、もっとたくさん
働かなくてはならなくなるのです。
 この心臓への負担が大きくなって呼吸困難になったり、お腹や肺に水が溜まってしまったり、狭い道を無理
やり通るために血液中の赤血球が壊れてしまい、赤い尿が出たりするのです。そして多くの場合、犬は死亡します。

予防法としてはフィラリア症の媒介となる蚊の出現にあわせて、予防薬を毎月1回飲ませる事だそうです。
フィラリアってたまに聞いたことありましたが、死に至るほどの怖い病気だったんですね・・・犬を飼ったこと無い私は
知りませんでした。
人間には影響ないみたいですが、ペットも家族同然ですから是非気をつけたいですね。


引用サイト:gooペット『病気 フィラリアって何?』
URL:http://pet.goo.ne.jp/contents/sickness/cn_39.html

 

へその緒の臍帯血から培養されたことからへそを意味する「ほぞ(へそ)」と免疫細胞の一種であるT細胞の名前をとり「HOZOT(ホゾティ)」と名付けられた新種のT細胞。

何でも、積極的にがん細胞に近づき、内部に侵入。ホゾティが死んでいく際、細胞にダメージを与える数種類のタンパク質を放出し、がん細胞を死滅させる。つまり、抗がん作用を持つ免疫細胞なのです。

しかも、正常な細胞には侵入しないのです。

まだ、メカニズムは解明されていないそうですが、この作用を発見した岡山・林原生物化学研究所では、「なぜがん細胞を選んで入っていくのかなどを解明し、早ければ5、6年後にも臨床実験のめどを立てたい」としています。

今や2人に1人はがんにかかるといわれています。画期的ながん治療法の開発に期待したいところです。

この世に生を受けるまでの、母と子を結ぶおなかの中での生命線、そこに人類の天敵を退治する力が秘められているとは、何とも神秘的です。

生まれる前から、自己防衛能力を蓄えているのですね。

あらためて、人類って本当にすごいですね。

久しぶりのブログ更新になってしました(汗)

今週に入って急に涼しくなり秋らしい気候になってきましたね。
涼しい日が続くと夏の終わりって感じがします。
昼間と夜の気温差が激しいので、体調管理にはお気をつけ下さい。

 

今年の夏は一体いつまでこの猛暑が続くのでしょう。

気象庁の3か月予報によると、9~10月も全国的に気温がかなり高く、残暑が続く見込みとのこと。
農作物への影響も危惧されます。

同庁によると、今年はペルー沖の海面水温が低い「ラニーニャ現象」の影響で、アラビア海から南シナ海にかけての対流活動が活発となり、秋になってもチベット高気圧の勢力が弱まりにくくなっているとのこと。
そのため、偏西風の南下が遅れ、日本付近では9月は太平洋高気圧に覆われやすく、10月も移動性高気圧の影響で晴れて気温が上がる日が多くなる見込みだそうです。ちなみに11月は平年並みの気温に戻るということです。

暑さにめっきり弱い私は、早く秋の訪れを感じたいところです。

食欲の秋は気象の影響には関係なく、カレンダー通り通りやってきそうですが・・・



システム開発・ソフト導入事例

お客様にソフト導入の経緯とカスタマイズの必要性をお伺い致しました。

セミナーのご案内

建設業向け経営革新セミナーやビジネスセミナー等のご案内です。

弊社では、ICTに関する様々なご相談にのり、アドバイスをさせていただきます。