リモートサポート専用ページ|サイトマップ|採用情報

Softwear Staff Blog

ソフトウエア開発・サポートスタッフブログ: 2010年3月のアーカイブ

いよいよ各地で桜の開花宣言を耳にするようになりました。

日本原産で、国花でもある「桜」、その8割程は「染井吉野(ソメイヨシノ)」という種類です。

この「染井吉野」は江戸時代に、江戸駒込の染井村から植栽が始められたそうです。初めは見事な桜の代名詞として「吉野桜」と呼ばれていましたが、誕生地の「染井」の名を加えて「染井吉野」 になったそうです。

「桜」は人々の節目の時期に、一斉に、見事に開花し、あっという間に散ってしまいます。その散り際もひらひらと花びらが舞い散る姿はまた風情があります。

この時期しか味わえない、こんな素晴らしい花を、自分の節目と重ね合わせながら、是非じっくり味わいたいものです。

皆さん、メールソフトは、仕事やプライベートで、日々活用していることと思います。

このメールソフト、ほおっておくと大変なことになりかねません。送受信数(特に受信メール数)はどんどんふえて行く一方で、容量が増大し、動作が遅くなるばかりでなく、まれにバックアップが取れなくなり、やむなくメッセージを削除せざるを得なくなることも・・・

そんなことになる前に、是非受信メールの整理を定期的に行っていただきたいと思います。

明日から3連休です。

お彼岸ですから、お墓参りはもちろんのこと、近隣にお出かけの方、のんびり過ごされる方、いろいろとご予定があることと思います。

21(日)はあいにくの雨模様のようですが、20(土)、22(月)はお天気にも恵まれるようです。

どうぞ充実した3連休をお過ごしください。

ちなみに、私は、日頃できずにたまっていることがたくさんあるので、3日間で整理しようと思っています。それから、すこし睡眠を多めに取って、充電しようかと考えています。

ここにきて、一気にまわりが春めいてきています。

近辺の梅がみるみる開花し、白から淡いピンク、そして濃いピンクへと、色鮮やかなグラデーションを描いています。

そして、こちら宇都宮の桜の開花ももう間近です。

町を歩く人々の服装も春らしく、軽やかになってきています。

私もそろそろ冬服から春物に、装いも気分も新たに、心機一転したいと思っています。

 

我が社では、毎日「活力朝礼」なる、元気いっぱいの朝礼を行っています。

その目的は

・プライベートから仕事モードへの切り替え

・業務の始まりを明るく元気に、気持ちよく迎える

・社員一同、気をひとつに合わせる

そんな我が社は、この度めでたく朝礼フェスティバル予選会(地区別大会)を最優秀賞で通過し、来月4/10に本戦(栃木県大会)に出場することになりました。

もう3月中旬だというのに、宇都宮はまた雪です。今年は本当に雪が多いですね。

今回の雪は積もりそうにはありませんが、桜の開花が遅れるかも・・・などと、春を待ちわびる私はちょっぴり心配しています。

我が家の庭にも、すいせんやチューリップの芽がだいぶ成長し、すいせんは黄色い花を咲かせ始めています。雪が積もってはせっかくの花がかわいそうに思います。

春一番も吹いたことですし、(関東地方は2/25でした)、はやく本格的な春が訪れてくれることを待っています。

~今日の朝礼での社長の話より~

「男性の顔は履歴書をあらわし、情勢の顔は領収書をあらわす」

その意味は、男性は今まで生きてきた人生の経歴が顔にあらわれる、そして女性は今までにかけた化粧品代が顔にあらわれる・・・

女性の「領収書」はちょっと失礼ですが、冗談はさておき、自分の歩んできた人生の経歴が顔にあらわれるというのは何となく的を得ているように思います。

穏やかな顔をしている人はやはり穏やかな人生を歩んできたのだろうと思えますし、何とも頼りがいのある顔つきの人は、いろいろな人生経験を積んで、懐の深さを顔にあらわしているように思います。

私も穏やかで安心感のある顔つきでいたいと思います。




システム開発・ソフト導入事例

お客様にソフト導入の経緯とカスタマイズの必要性をお伺い致しました。

セミナーのご案内

建設業向け経営革新セミナーやビジネスセミナー等のご案内です。

弊社では、ICTに関する様々なご相談にのり、アドバイスをさせていただきます。