リモートサポート専用ページ|サイトマップ|採用情報

Softwear Staff Blog

ソフトウエア開発・サポートスタッフブログ: 2010年6月のアーカイブ

昨夜(今朝?)のワールドカップ、日本がデンマークを3-1で降しましたね!

私は放送時間に目覚ましをかけておいたのですが、目覚ましに全く気づかず朝を迎えてしまいました・・・。

3-1とは快勝といって良いのではないでしょうか?

これで2勝1敗(勝ち点6)とし、自国開催だった02年日韓大会以来、2大会ぶり2回目の決勝トーナメント進出を決めました!

結果、オランダがE組1位となり、2位の日本は、29日午後4時(日本時間午後11時)に決勝トーナメント1回戦で、F組1位のパラグアイと対戦!

当初なんだかんだ言われてましたが、予想以上の実力を発揮し選手たちの真の実力が見えた予選でしたね!

先週土曜日のW杯対オランダ戦、リアルタイムで観戦された方も多いかと思います。
私も、試合開始時刻までにしっかり夕飯の支度を終え、準備万端(=ビール片手に)、テレビに向かいました。

まさに惜敗でしたが(あわよくば・・・などと期待してしまいました)、日本代表、本当に頑張ってますよね。
次回のデンマーク戦、この勢いに乗って、きっといける!そんな気がします。

6/25朝方3:30試合開始という、リアルタイム観戦には厳しい時間帯ですが、見たい気もします。
体調を崩すといけないので、私は朝起きてからの速報を楽しみにということになりそうですが、きっとリアルタイムで応援するファンも多いことでしょうね。

勝つか引き分けでも決勝トーナメントに出場できるのです。
是非、ここは踏ん張って、そして岡田JAPANらしいプレーで、決勝トーナメント出場権を得てほしいものです。
そして、不景気と政治不信でどんよりとした日本国民の気持ちを、ここぞとばかりふ吹き飛ばし、大いに盛り上げて頂きたいものです。

日頃皆が個々に抱えている様々な辛さやいろいろな思い、そんなことは関係なし。無条件に、皆で喜びを分かち合えるスポーツって、だから大好きなんです。
一昨日のW杯対カメルーン戦で、日本代表が見事、1対0で勝利しましたね。

「試合終了のホイッスルは、次のオランダ戦の試合開始のホイッスルでもある」と語った岡田監督の、オランダ戦への闘志が早くも伝わってきました。

岡田監督というと、私が札幌に住んでいたころ、当時J2だった「コンサドーレ札幌」に監督として就任し、見事リーグ優勝を成し遂げたことを思い出します。

やっぱり岡田監督はすごい!と地元ファンは改めて感じたのを覚えています。

ちなみに当時幼稚園児であった息子は「コンサドーレ札幌」の選手と手をつないで入場行進をした思い出もあります。

高校生にしてユース代表に抜擢され(高校生で選出された人は岡田監督を含め3名のみだそうです)ながらも、実力(学力)で早稲田進学を目指し、一浪で見事合格したとのこと。
そんな志の高さやそれを成し遂げようとする意思の強さが、監督業としての手腕を発揮する源なのでしょうね。

さあ、次のオランダ戦、精一杯持てる力を発揮し、とにかく1点でも失点を抑えて、チャンスをものにしてもらいたいものです。

ついにワールドカップが始まりましたね!

初のアフリカ開催となる第19回南アフリカW杯。2010年6月から7月にかけ、32チームが世界一を目指して戦うサッカー大会。

もはや説明不要の世界的な一大イベントですよね!

この日を楽しみにしていたサッカーファンの方も多いのではないのでしょうか?

ついに今夜11時から日本vsカメルーン戦が始まります!

TVのスポーツ番組や新聞などでは厳しい戦いを予想していますが、なんとか勝って欲しいですね!

初戦が勝てれば波に乗り、次のオランダ戦に臆することなく、精神的に良い状態で望めると思うのですが・・・。

結果は神のみぞ知る・・・ですね。

 今年は梅雨入りが遅れているようですね。

先日の6月6日は二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」で、ちょうど梅雨に入るころとされているそうです。

 

平年では、

九州南部:5/29ごろ

九州北部:6/5ごろ

四国:6/4ごろ

中国・近畿:6/6ごろ

関東甲信・東海:6/8ごろ

北陸・東北南部:6/10ごろ

東北北部:6/12ごろ

 

ですが、今年はまだ沖縄と奄美地方しか梅雨入りしていません。

 

来週から、栃木県は雨模様になると予報されていますが、もしかすると、このまま空梅雨なんてこともあるんでしょうか?

 

 

今日は業務の一環であるニュースレターを紹介いたいと思います。

弊社では2ヶ月に1度『ネットコア通信』というニュースレターを発行しております。

既にご存知の方もいらっしゃるかと思います。

6月になり衣替えとなりました。

 

これから徐々にうだる様な暑さがやってきますね・・・。

事務所内のエアコンの節電・CO2排出を抑えるため、クールビズスタイルを採用している企業様もいらっしゃると思います。弊社でも今月からクールビズスタイルでノーネクタイOKになりました。

この時期いつも思うのですが、ネクタイがないだけで随分違いますね。首周りが楽になり、かなり過ごしやすいです。

 

 既にご存知かもしれませんが、人が暑さ・寒さを感じるのは『首』が付く部位だそうです。

首・手首・足首。ここの動脈を冷やしたり、温めたりすると、随分違ってきます。

夏の暑い日に、首に冷えた飲み物などをあてると涼しく感じますよね!

 

暑い季節を乗り切るためのクールビズですが、ネクタイを外し、ボタンを外しただけの『ラフ』な印象にならないよう、シャツ着こなしたいと思います。

そのまえに少し減量が必要かもしれません・・・(汗)

今朝の朝礼で、社長より「対岸の火事」と「他山の石」の使い方の違いについての話がありました。

「対岸の火事」とは、向こう岸の火事は、こちらに飛び火する心配がないという意味。自分には関係がなく、なんの苦痛もないこと。

一方「他山の石」とは、よその山から出た石でも、自分の宝石を磨く「砥石(といし)」として役立つということから転じたことわざ。よそで行ったことや、他人の言葉や行いでも、自分を磨くための参考になるということ。

一つの事柄について、「対岸の火事」ととるか「他山の石」ととるかでは大きな違いがあります。
一時、またかとうんざりするような、繰り返される企業の不祥事の記事、まさに企業が「対岸の火事」としてあしらっていた何よりの証でした。

さて、昨今世界経済を揺るがしている「ギリシャの財政危機」、はたして日本政府は「対岸の火事」と捉えるのか「他山の石」と捉えるのか・・・



システム開発・ソフト導入事例

お客様にソフト導入の経緯とカスタマイズの必要性をお伺い致しました。

セミナーのご案内

建設業向け経営革新セミナーやビジネスセミナー等のご案内です。

弊社では、ICTに関する様々なご相談にのり、アドバイスをさせていただきます。