インフォメーション「バージョンアップのお知らせ」カテゴリの記事

Home>インフォメーション>「バージョンアップのお知らせ」カテゴリのアーカイブ

経営事項審査シミュレーションソフト「経審太助」のバージョンアップを行います。

tasuke201906.jpg

今回は新元号への対応と、5月末で終了する「解体工事追加に係る経過措置終了」に伴う修正を行います。同時に一部機能も見直し、更に充実した建設業総合支援システムとして提供を開始します。

【バージョンアップ対象システム】

  経審太助V2018.04

【提供開始日】

  2019年5月24日(金)

【提供方法】

  DVD

【お支払い方法】

  DVD送付時に請求書を同封

【V2018.04版からの変更内容】

  ・新元号対応(2019年5月より改元)

  ・解体工事追加に係る経過措置終了(2019年5月31日終了)

 

尚、V2018.04版のプログラムデータを「新元号対応版」に変更可能です。

※V2019.06版へのバージョンアップのお申込済のお客様が対象です。

V2019.06版提供前に申請書類の作成が必要な場合は、弊社までご連絡ください。

 

平成29年12月26日に経営事項審査に係る建設業法施行規則の改正が行われ、平成30年4月1日に施行されます。

法改正に伴う変更に対応するため、システムのバージョンアップを行います。

 

【提供開始日】

 平成30年3月20日

【対象システム】

 経審太助V2016.11

 

《平成30年4月 建設業法施行規則の改正内容》

◇建設業法施行規則(公布:平成29年12月26日 施行:平成30年4月1日)

総合評点におけるその他の審査項目(社会性等)(W)の見直しと改正が行われました。

 ①社会性(W)のボトム撤廃

  【現 行】合計値がマイナスの場合「0」とみなす

  【改正後】合計値がマイナスの場合、そのまま計算

 ②W3(防災活動への貢献の状況)

  【現 行】該当の場合15点を加点

  【改正後】該当の場合20点を加点

 ③W7(建設機械の保有状況)

  【現 行】1台につき1点加点(最大15点)

  【改正後】表より算出(最大15点)

 

ワンランクアップを目指すため、「評点計算シミューション」による決算前の対策を実施しましょう。是非、そのツールとして「経審太助」のご利用をご検討下さい。

 

お問い合わせ カスタマサービス課 太田 直明