リモートサポート専用ページ|サイトマップ|採用情報

Analysis Center Staff Blog

分析センタースタッフブログ

全国で最低制限価格引き上げ続出  日経コンストラクション

| トラックバック(0)
2009年は全国の発注機関で、最低制限価格や調査基準価格の引き上げが続出した。08年度から続く不況を受け、景気対策の名の下に、落札率を引き上げる施策が目立った。
引き上げの先駆けとなったのは九州の自治体だ。長崎県は2月1日から、建設工事の入札における最低制限価格を予定価格の90%程度に引き上げた。佐賀県は3月に、総合評価落札方式による入札を除く250万円超のすべての工事を対象に、最低制限価格制度を導入して上限を90%に変えることを発表した。

 4月にはその動きに追随するように、国土交通省が調査基準価格の上限を90%に引き上げた。さらに中央公共工事契約制度運用連絡協議会(中央公契連)モデルが国交省並みに改定された。国交省は08年4月に、中央公契連は08年6月に、それぞれ85%に引き上げたばかりだった。

 国交省の引き上げの要請もあって09年4月以降、中央公契連モデルを採用する自治体は急増した。

 国交省の調査によると、10月1日時点で低入札調査基準価格や最低制限価格を09年4月中央公契連モデル以上の水準に設定している自治体は、重複を除いて32道県、10政令市に上る。

 

栃木県の現状はどうなっているのでしょう。日経コンストラクションの記事によれば、

85%です。(2009年4月現在)

落札できる最低線がわずか1年で85%から90%に

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:



システム開発・ソフト導入事例

お客様にソフト導入の経緯とカスタマイズの必要性をお伺い致しました。

セミナーのご案内

建設業向け経営革新セミナーやビジネスセミナー等のご案内です。

弊社では、ICTに関する様々なご相談にのり、アドバイスをさせていただきます。